×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

イタリアの食材も身近に揃えられて便利に

ラザニア、ラビオリ、ニョッキ、ピッツァ、ティラミス...とイタリア料理って美味しいですよね♪あなたはイタリア料理はお好きでしょうか??イタリア料理に欠かせないイタリアの食材(例えば、オリーブオイル、アンチョビ、バルサミコ酢、あとモッツァレッラ、ゴルゴンゾーラやマスカルポーネなどのいろんな種類のチーズ)などが総合スーパーなどでも手に入ってくるようになり、近年では需要が伸びて輸入も多くされるようになったのかイタリアの食材の種類の方も豊富に手に入れることもできるようになってきて本格的なイタリアン料理も家庭で楽しめるようになりましたよね。またスーパーなどに足を運ばなくても通販やネットショップでもいろいろなイタリアの食材が買えたりするのでとても便利ですよね。

驚きイタリアの食材ジャム

知っている人はなんだそんなことか知ってるよって人もいると思うのですが、わたしが知って驚いたのがイタリアのジャムです。普通、ジャムって聞くとフルーツのジャムを思い出しますよね?イタリアでは、野菜ジャムがあり、フルーツジャムと同じようにパンに塗ったり、チーズに添えて食べたりするのです。また料理の隠し味(フルーツのジャムでも使うことはありますが)にも使ったり、パイのフィリングにしてもよしと何でもいけるんです。野菜ジャムって野菜を煮詰めたものだから野菜が凝縮されていてなんか栄養満点っていう感じがしますし、また野菜だからヘルシーなイメージですよね。野菜ジャムの種類はズッキーニ、グリーントマト、トマト、セロリ、ナス、タマネギなどさまざまな種類があるそうです。一度、野菜ジャムのレシピを探して野菜ジャム作りにチャレンジしてみたいと思います。

イタリア料理について

わたしの場合イタリア料理っていえばやっぱりパスタ料理ですね。特にトマトソース系は大好きです。イタリア南部は、オリーブ・オイルやオリーブ、トマトを使う場合が多いそうですよ。またイタリア北部ではバターや生クリームを利用した料理が多いそうです。イタリア内陸部はサラミ、ハムなどの肉製品、チーズの種類の豊富なのだそうです。イタリア沿岸部は地中海料理でも知られる魚介類が多く使われるそうです。このようにイタリア料理は北部や南部、内陸部、沿岸部と各地方によってその土地の料理の特徴的な料理があり、イタリア人の中には「イタリア料理などという料理は存在しない」という人がいるほどなんだそうです。いいですよね♪いろんな特徴的な料理が楽しめて^^

Copyright © 2007 イタリアの食材やイタリア料理について